« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

組み立て

そろそろ HPの準備に入ろうかな

もう少し 部品がいります

形だけでも noteに 書き記していこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解隊式 愛知第2隊第3隊

愛知第2隊
熱田神宮にて
コンテナ開封後
解隊式が 行われました


1535292440150.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーイスカウトの現在の制服(シェアしています)

ボーイスカウトの制服シャツは開襟シャツです。
開襟シャツ(オープンカラーシャツ)は、台襟のない仕立てで、襟を開いた状態で着る事を目的としてデザインされたシャツの形態です。
なのに、一番上の第1ボタンまで締め(留め)させるのはなぜでしょう?
無理矢理ボタンを締め(留め)させますと、台襟のない分、詰まって吊れた感じになり、縒れて、歪んで見えて格好良くありません。
はっきり言って、みっともない範疇となります。
服飾に詳しい人や洋服に精通している人ならやりません。
現に、一番上のボタンまで締め(留め)ている姿の写真を見て、嘆いておられる服飾デザイナーもフォトグラファーも居ます。
(これではボーイスカウトの広報には逆影響ですね)

以前の制服は台襟の有るレギュラーシャツでしたが、これはネクタイ等を締める事を目的として台襟を設けてデザインされています。
よって、正装の時は一番上のボタンを締める(留める)事になります。

日頃、スカウティングに対する「目的と手段」についてをうるさい程に指摘するくせに、こと制服シャツのボタンについては、目的と手段のへったくれもありません!
これでは余りにもデタラメではありませんか!
所詮、その程度なのでしょうか?

こういう服飾のルール(謂わば「目的と手段」)をご存知ない方が、
「一番上のボタン(通称第1ボタンと呼ばれますが、シャツの形態によってその名称は変わります)まで締めろ(留めろ)!」と言うのはお門違いも甚だしい事なのです。

もしこれからも、一番上のボタンをどうしても締め(留め)させたいのであれば、制服シャツを、開襟シャツではなく、台襟の有るレギュラーシャツに変更していただきたい。

ボーイスカウトも、もう少しお洒落にも気を遣いたいものですね…。

(※台襟のあるレギュラーカラーシャツでは、一番上のボタンを「台襟ボタン」と言い、「第1ボタン」はその下、前立て部分の一番上のボタンの事を言います。ややこしいですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30年度登録証

1534723468361.jpg

団会議で 登録証をいただきました(^_^)v

自分のために 動いてくださった方々に感謝です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンモック

巻き結びの応用で シーツで ハンモックを作りました

1534574860122.jpg

1534574861792.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活動のお守り(^_^)v

明日は 友人の活動のお手伝い。
長年 いっしょに出かけている
活動のお守り

すみませんねぇ^_^;

1534517139183.jpg

| | トラックバック (0)

ペットボトルいかだ(ボーイスカウト資料)

今年の夏キャンプは、ペットボトルでいかだを作り乗りました。
1リットル=1キログラム換算で、1床/48本(2リットルペットボトル)を2床作りました。
川の水位は50センチ程しかありませんでしたが、大人も乗れました。
夏の活動におススメです。
1534478979353.jpg

Facebookより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くもアグーナリー連絡?

娘といっしよに 参加するので 合同隊で いくんです
私は名古屋第100団と 名古屋第40団の合同隊で行きます

いや
あの f(^_^;
現在 かかわっていない団ですので こちらに 知らされても お答えはできかねます

同じ地区の団ですね
楽しみですね

| | トラックバック (0)

珠洲市に行かなかったけどね

参加できなかったけど
今回は 情報見るのが楽しかった
山口(世界)の時は見学に行ってもつらかったけど
団委員長が ちょくちょくscoutの情報を送ってくれたし
4月から4ヶ月しか付き合っていないscout達が行くとき
いろいろ話しかけてくれたし
たぬちゃんの作ったグループに足跡もつけれたし
参加されたみなさま
ありがとう(*'-'*)

| | トラックバック (0)

仲間のちょっといい話17NJ

気の早い話。

ジャンボリーが終わって、地元に戻って、派遣隊バスを迎えに、親御さんが来てるだろう。
それから家の車に乗り込む。

親御さん方、決してスカウトの荷物を持ってあげたりせず、自分で持たせて下さいね。

みんなそれだけ、たくましくなって戻ってきます。

そんな子供の荷物を持ってあげたら、その瞬間、ジャンボリーに行った意味が無くなりますよ。

荷ほどきまで終わってから、思い出話を聞いてあげて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万3000人、心一つに 珠洲で日本スカウトジャンボリー開会式(北國新聞)


H20180806102_1main


 第17回日本スカウトジャンボリーの開会式は5日、珠洲市蛸島町の「りふれっしゅ村鉢ケ崎」で行われ、国内外から集まったスカウト約1万3千人が野外活動を通じて友情を育むことを誓った。

 開会式では、地元の飯田高と珠洲市緑丘中の吹奏楽部計45人が大会ソング「能登のチカラ未来へ」と「学園天国」を演奏し、奥島孝康大会長(ボーイスカウト日本連盟理事長)は開会宣言で「スカウトの人間らしい気高き精神をいつまでも持ち続けてほしい」と呼び掛けた。ボーイスカウト石川県連盟所属の5人を含む11人の発声で、スカウトの精神を示す「ちかいとおきて」を唱和した。

 宮川典子文部科学政務官、谷本正憲石川県知事のあいさつに続き、会場を照らす「誓いの炎」が点火され、ボーイスカウト日本連盟の大谷光淳特別顧問(浄土真宗本願寺派門主)が「一つ一つの出会い、出来事を大切にして過ごしてほしい」と激励した。

 ジャンボリーは10日までで、大会事務局によると、石川県連盟からは4日夜現在、254人が参加している。6日は里山里海の自然に触れる体験プログラムがあり、7日夜に開かれる大集会では皇太子さまがお言葉を述べられる。

北國新聞より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知2隊出発しました

38403419_237645473738958_5934109232


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北國新聞から

日本スカウトジャンボリー、4日開幕 珠洲・鉢ケ崎で野外活動 2018/08/03 01:50

 国内外のボーイスカウトが集う4年に一度の野外キャンプの祭典・第17回日本スカウトジャンボリーは4日、珠洲市蛸島町のりふれっしゅ村鉢ケ崎で開幕する。海外12カ国・地域の598人を含む1万3437人が参加予定で、10日までの7日間、テントを張って野外活動に取り組む。7日には皇太子さまが会場で開かれる「大集会」でお言葉を述べられる。

 

 

 

 大会テーマは「冒険~能登のチカラ未来へ~」で、珠洲市での開催は2006年以来12年ぶり2回目。参加者は六つのサブキャンプに分かれて過ごし、海水浴や揚浜式の製塩体験、千枚田での草刈りなどのプログラムに取り組む。

 

 

 

 ボーイスカウト指導者ら約1千人の先遣隊が2日までに現地入りし、大会の円滑な運営に向けて打ち合わせを重ねている。開会式は5日夜に行われる。

 

 

 

 開幕の4日にはハガティ駐日米大使が会場を訪れ、西日本豪雨で被害を受けた広島県のスカウトらを励ます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17回NIPPON SCOUT JAMBOREE

Img_20180803_205001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奉仕者

1533097410723.jpg
友人が仲間が 続々 珠洲市に集結しています

私は参加はしません
前に世界ジャンボリーが 日本で開かれのは すごく楽しみであり 亡くなった友人との約束でもありました。
そのために 朝霧→山口と 同じ部署にいましたが 世界ジャンボリー奉仕は 地区での承認は得れたものの 毎年 三月になると 登録を外すという団の行為のため 参加できなくなりました。
お決まりに言われるフレーズ「奉仕に出たいから団にいる」この 合言葉は 最後までついてまわりました。
毎年 scoutを入れるという役目が かなった自分へのごほうびみたいなものでしたが 最後まで認められることはなかった。
4月から新しい団にいますが 「行きますか」といわれびっくり
だって この団のために なにも行っていなかったので…
どうして?団から奉仕に行くだけで 団のお役にたっているそうで ところ変われば 取り方もかわるんだなf(^_^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »